実技 イラストロゴ作成実習①

-本日のアジェンダ-

1限目
実技 イラストロゴ作成実習①
ピクトグラムについて

2限目
実技 イラストロゴ作成実習①
ピクトグラム作成実習

3限目
実技 イラストロゴ作成実習①
ピクトグラム作成実習

4限目
実技 イラストロゴ作成実習①
ピクトグラム作成実習

5限目
実技 イラストロゴ作成実習①
ピクトグラムの講評

本日のテーマ

ピクトグラムを作ってみましょう

ピクトグラムとは (pictogram)とは 

ピクトグラムとは、言葉を使わなくても情報を伝えられる、単純化された視覚記号です。

参考サイト

ピクトグラム制作のポイント

「実際に使って見たイメージ」「デザインをそぎ落とした時の見やすさ」「情報の伝わりやすさ」 が大切です。1つの施設や企業といったテーマで、共通の世界観を持たせてみましょう。線の太さ・間隔の開け方・角丸カーブを揃えるなど 共通 のデザインルールを設けてみましょう 。

まずはじめに…

ガイドの作成をしましょう。
1. アートボード を用意する
  例:A4サイズ( 210 × 297 ミリ,CMYK )
2. 正方形(線無し)を用意する
3.「編集>環境設定>一般>(キー入力)」 でキー移動の値を変更
4.Alt+矢印キーで図形を複製
5.「表示>ガイド>ガイドの作成」でガイドを作成する
6. レイヤーパネルはロックし名前「ガイド」を付けて管理しましょう。

本日の基本操作

  • アウトライン「パス」「書式」
  • 定規・ガイド
  • スマートガイド
  • 環境設定(キー入力)

アウトライン

アウトライン化とは、文字や線、パス、ブラシなどのアピアランス(装飾)をオブジェクトに変換することを指します。 文字をアウトライン化すると、画像下側のようにパスで囲まれたオブジェクトに変換されます。 文字をアウトライン化する理由は、違うパソコンでデータを開いてもフォントが置き換わらないようにするためです。

参考サイト「パスのアウトライン」

定規・ガイド

ガイドとは、通常青い線で表示され、レイアウトする範囲を示したり、オブジェクトを並べたりする時の目安として利用される、印刷されない線です。 自由に表示・非表示を切り替えておくことができ、表示したまま入稿しても問題ありません。

参考サイト

スマートガイド

スマートガイドとは、オブジェクトやアートボードを作成または操作するときに 一時的に表示されるガイドで、他のオブジェクトとの相対関係で作成、整列、編集 変形の際にスナップしたり、位置関係を示して作業を補佐してくれる機能です。

参考サイト

環境設定(キー入力)

環境設定で、キーボードの矢印キーの上下左右ボタンの入力で、選択しているオブジェクトやアンカーポイントが移動する距離を設定できます。

参考サイト

〜今までの基本操作〜

オブジェクトの塗りと線(Ai)

Illustratorで描画したものには塗りと枠に線で色をつけることができます。「塗り線」を組み合わせるのが基本になります。

参考サイト

本日の課題

ピクトグラムを作成し、4限目終了までにDropboxにUPしてください。
5限目に講評を行います。

提出先・・・ 提出 / 【0331】ピクトグラム11月27日(土)
ファイル名は、work_xxxx_20211127.pdfです。
(xxxxの部分はご自身の名前のローマ字表記、小文字)
※pdfのファイルは必ず「最小ファイルサイズ」でUPしてください。

学科 グラフィックデザイン基礎⑦

-本日のアジェンダ-

1限目
学科 グラフィックデザイン基礎⑦
成績考査

2限目
学科 グラフィックデザイン基礎
成績考査

3限目
学科 グラフィックデザイン基礎
成績考査

4限目
学科 グラフィックデザイン基礎
成績考査

5限目
学科 グラフィックデザイン基礎
作品講評

本日のテーマ

本日は成績考査

5限目に講評を行います。

第1回成績考査

Dropboxから【0331】第1回成績考査>grade-check_xxxx_20211126.ai」をダウンロードして、
「イラスト」「写真」「配色」を取り入れた作品を作成してください。
テーマは「喜怒哀楽」です。

出来たものを、「pdf(最小ファイルサイズ)」で保存して4限目終了までにDropboxにUPしてください。
ファイル名は、grade-check_xxxx_20211126.pdfです。
(xxxxの部分はご自身の名前のローマ字表記、小文字)

※ネット上の写真には権利がありますので、あくまでも課題用として取り扱ってください。