【Illustrator-CC】アウトライン化してみよう!2017/09/19

■アウトライン化してみよう!

アウトライン化とは、文字や線をパス化する操作になります!

パス化することで、文字という認識ではなくパスによって作られた文字に見えるオブジェクトと変化するため、

印刷時に印刷屋さんが持っていないフォントでも印刷できる等のメリットがります。

その他にもメリットがあるため、是非チェックしてみてください!

Illustrator01

 

 

◆アウトライン化してみよう!

実際に文字のアウトライン化をしつつ、その変化についても見ていきたいと思います!

アウトライン化前の文字が左、アウトライン化した文字が右に出していきます。

まず最初に、当たり前ですが変化前のため見た目に違いはありませんね。

a001 (1)

 

 

では、実際にアウトライン化していきます。

アウトライン化したい対象を選択ツールで選択し、右クリックで「アウトラインを作成」をクリックします。

a001 (2)

 

 

この操作でアウトライン化されました。

アウトライン化操作としてはこれだけです。

a001 (3)

 

 

パスも表示され、イジることもできるようになります。

ただし、文字であればアウトライン化すると、他の文字へと打ち直すことはできなくなる点には注意してください。

a001 (4)

a001 (5)

アウトライン化してみよう!については以上になります!