【Illustrator-CC】パスのオフセットでオブジェクトを重ねてみよう!2017/09/14

■パスのオフセットでオブジェクトを重ねてみよう!

パスのオフセットについて解説していきたいと思います!

選択したパスを基準とした位置に、入力した数値から新しいオブジェクトを作る機能です。

オブジェクトを重ねる際に、複製・移動が必要がないという便利な操作になります。

Illustrator01

[参考サイト]:時短を極めるためのパソコン術 – Illustratorでパスのオフセットを上手に使う(2017/01/04)

[参考サイト]:DESIGNERS TIPS  – イラストレーターのパスのオフセットの使い方(2015/04/15)

 

 

◆パスのオフセット

 

実際に、下の星型に別の色の星型を重ねて生成したいと思います!

i014

 

パスノオフセットは、赤枠の「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」と選択していくことで行えます。

i015

 

次に外側にどれぐらいはみ出させるかを入力する必要があります。

外側ならそのまま数値を入力するのですが、内側に重ねたい場合は「-数値」とマイナス数値を入力します。

角の形状については、生成される「角」の形が変わる選択項目になります。

「マイター=選択中のオブジェクトと同じ角の形状」・「ラウンド=丸い角のオブジェクト」・「ベベル=面取りされた角のオブジェクト」

比率については、ベベルの面取りされた形の細かいバージョンのような機能です。

 

今回は外側に50px分追加したいと思います。

数値を入力したら「OK」をクリックします。

実行予想を見せてくれるレビューにチェックを入れると、結果がわかりやすいと思います。

i016

 

i017

 

ただ、この時点では内も外も同色です。

色を変えたいオブジェクトを選択ツールで選択し、色を変更してみてください。

今回は外側を選択しました。

i017

 

色に赤を選択しました。

無事星型を重ねることができましたね。

i018